肘痛み ズキズキ

ズキズキとした肘痛みは何か

スポンサーリンク

ズキズキとした肘痛みに悩まされている人は、まず、原因を探ってみることが大事です。
どこかに肘をぶつけたという場合には、このような痛みがすぐに生じることがあります。
神経にぶつかってしまったことで、早急に痛みとしてあらわれることになるからです。
しかし、この場合には、次第に痛みがなくなっていきます。
ズキズキとした痛みから徐々にしびれに変わってくるからです。
椅子のひじかけなどによくぶつけてしまうという人は、座り方や周囲の環境づくりなどに気をつけることで、あまりぶつけることはなくなってきます。
なかなか痛みが引けないという場合には、整形外科などの専門科を受診することをお勧めします。
神経に影響が出てしまっているかもしれないからです。
ひどい場合には骨にひびが入っていたり、骨が折れてしまっていたりすることもあります。

スポンサーリンク

最近、多くなってきていると言われている症状の一つに、パソコンやスマートフォンの使い過ぎによる腱鞘炎が挙げられます。
腱鞘炎によって、ズキズキとした肘痛みがずっと続いているという人は少なくありません。
この場合、使い過ぎが原因となっているため、使わない期間を設けることで症状は改善されていきます。
いつも同じ姿勢で長時間、同じ作業をしていることによって、ズキズキとした肘痛みが生じることになります。
姿勢を変えてみたり、作業時間を短くしてみたりするだけでも、随分と症状は緩和されてくることになります。
仕事でパソコンやスマートフォンが手放せないという場合は、休日だけでも使わないことを意識してみるといいかもしれません。
腱鞘炎の場合、安静に過ごすことによって完治することになります。
場合によっては病院へ行くことなく、自然治癒することも可能です。

スポンサーリンク