ボクシング 肘痛み

ボクシング練習時において肘痛みが発生する原因とは

スポンサーリンク

近年男女問わずボクシングを趣味として始める方が増加しており、運動不足やストレスなどを解消するのに効果があります。
しかし中には肘痛みという悩みを抱えてしまうこともありますが、原因としてボクシングのスタイルが関係しています。
練習やスパーリングでパンチを出す場合において、基本的に肘を伸ばしきった状態でいることが多いです。
ですが初心者の方はこういった動作事態に慣れていないことが多いので、肘に対して負担や圧力がかかってしまいます。
それが場合によって肘痛みを発生させてしまうことがあり、筋肉痛や関節痛に似た症状を感じてしまいます。
ポイントとしてパンチをする瞬間に肘に余裕を持たせるようにすることで、こういった痛みが発生しにくくなります。
ですが一番の改善点は体に覚えさせることなので、たくさん練習やスパーリングをする方法が良いです。

スポンサーリンク

 一般的にボクシングを行うことで肘痛みが発生することがありますが、同時に肩の筋肉についても上手に使っていくことがポイントです。
ボクシングで行うパンチでは腕を伸ばすことが多いですが、この力を入れるのに使われるのは肩の筋肉となります。
ですがその分サンドバックなどの衝撃も加わりやすい場所であるため、練習時において十分に注意をすることが大切です。
特に初心者のうちはこういった動作を理解出来ないことが多いので、トレーナーの指示を的確に守ることが重要となります。
これはパンチ力が強いほど衝撃も比例して強くなるため、正しい姿勢でパンチを出せるようにする練習が必要です。
こうした練習を繰り返すことによって、肘に痛みもかかりにくくなる体勢を自然と身につけることが出来ます。
習得するには長年の経験が必要な要素もあるため、出来るだけ毎日ボクシングの練習をすることが一番の解決法でもあります。

スポンサーリンク