肘痛み 伸ばせない 痛い

肘痛みは痛いことで伸ばせないことがある

スポンサーリンク

肘痛みにはいろいろな原因が考えられます。
場合によっては、痛いために伸ばせないということもあります。
このようになってしまうと、日常生活にも支障が出てしまうので注意が必要です。
このような状態になってしまった場合には、早急に整形外科などを受診することをお勧めします。
原因として考えられるのは、筋が伸びてしまったことです。
肘は筋が伸びたり縮んだりすることで曲げたり伸ばしたりすることができる部位となっています。
この筋が伸びきってしまったり、縮んだままになってしまったりすれば、当然、動かすことができなくなってしまうというわけです。
素人では筋の状態を確認することができないため、早急に専門医に診てもらうことが一番です。
触診や問診だけでは判断がつきにくいことから、レントゲンを撮ることになります。
これですぐに状態を知ることができます。

スポンサーリンク

肘痛みが続いたり、痛いがために伸ばせないという状態になってしまったりした場合には、リハビリが必要になることがあります。
そのままにしておいても完治することはありません。
筋に支障が出ている場合には治療をすることになります。
場合によっては手術をすることもあります。
炎症が起きているという場合には、まず、炎症を抑えることが先決です。
患部を冷やしたり温めたりします。
落ち着いてきてから少しずつ動かせるようにするためのリハビリを行うことになります。
万全な方法としては、整形外科を受診し、治療を行い、そこからリハビリセンターなどを紹介してもらうことです。
多くの整形外科ではリハビリも設置されていることがあります。
筋の状態がおかしくなってしまったとしても、少しずつ動かしていくことで状態が良くなってくることがあります。

スポンサーリンク