野球 肘痛 ストレッチ

野球肘痛のストレッチとテーピング

スポンサーリンク

野球肘痛はピッチャーの方にはつきものです。
野球をする際には、怪我の予防としてストレッチが大切ですが、これを曖昧にやってしまう人が多いです。
また真剣にやっているつもりでも、フォームが間違っているなどで、しっかり伸びていない場合もあります。
怪我を防ぐ場合には、一つの箇所を伸ばす際に90秒くらいは必要となります。
運動前のストレッチも大切となりますが、普段から体全体を伸ばしておいたり、空いた時間に少し身体を動かしておくことで、柔軟性が高まるので有効です。
肘の痛みを防ぐ場合に重要なのは意外に指であり、肘を伸ばしてから指を曲げることで、肘周辺の筋肉を伸ばすことができます。
肘を伸ばして逆の手で指全体をそらせるように負荷をかけていきますが、手の角度を変えることで負荷をかける場所を調節できます。
常に筋肉を伸ばすことを意識しておきましょう。

スポンサーリンク

野球の場合、ピッチャーでもバッターでも同じ個所の筋肉に負担がかかってきます。
肘痛にはストレッチもとても有効ではありますが、即効性は見込めません。
そこで、テーピングをすることで、筋肉への負担も軽減され、痛みも一時的にではありますが緩和されます。
テーピングをする位置は、痛みのある箇所によって変わってきます。
貼り方のポイントとしては、テーピングは肘を固定することが目的となるので、ややきつめに貼っていくことが重要となります。
また、貼り方としてはX字にクロスさせて貼ることでサポートされ、ねじれにも強いキープをさせることが可能となります。
肘の痛みは、意外と手首からきている場合もあるため、手首もテーピングをするケースもあります。
張る箇所は医師に判断していただき、より効果の出やすいところに正しく貼っていくようにしましょう。

スポンサーリンク