肘の痛み 何科

肘の痛みがひどい場合において何科を受診すれば良いか

スポンサーリンク

肘の痛みが感じるようになる原因については色々ありますが、症状が悪化した場合においてはクリニックや病院で治療を行っていきます。
そこでそういった場合において何科を受診すれば良いか説明をすると、基本的には整形外科を利用すれば大丈夫です。
肘の痛みは基本的に骨の痛みであることが多いため、整形外科が専門分野となっています。
一般的に骨の痛みについては整形外科の利用が適切となっているので、そこでレントゲンなどを取ることがあります。
また万が一肘の痛みが悪化していた場合においても、整形外科であれば適切な治療を行うことが出来ます。
主に関節症や腱鞘炎といった事例が多いため、薬としては冷湿布が処方されることが多くなっています。
なた治療についても保険適用内となっているので、治療費も高額負担となることは基本的にはないです。

スポンサーリンク

 一般的な肘の痛みについては整形外科を受診するのが正しいですが、原因がリウマチであった場合には事情が異なります。
リウマチとは腕や足の関節が痛み出す症状のことであり、関節の強度が低下する中高年を中心に発症率が高くなっています。
この病気が原因と判明している場合には、整形外科ではなくリウマチ科を受診した方が良いです。
リウマチ科ではリウマチという病気治療を専門に行っているので、整形外科よりも高度な治療が受けられます。
実際の治療については薬物療法が利用されることが多く、抗炎症剤といった薬が処方されることが多いです。
これを服用することでリウマチの痛みを緩和することが可能であり、肘の痛みを早く改善出来ることが多くなっています。
また運動不足によることが原因となっていることもあるため、そういったケースでは軽い運動を行って完治させていくこともあります。

スポンサーリンク