肘痛 原因 治し方

肘痛の原因と正しい治し方

スポンサーリンク

肘を使うとすぐに痛みがでるという場合は腱鞘炎ということが考えられます。
これは同じ部分を使いすぎてしまうことで起こってしまう炎症です。
運動をしたりなどずっと同じ部分を使い続けていると一部にだけ負担がかかるために痛みが発生します。
これが肘痛の原因になる場合が多いです。
この痛みでは正しい治し方をしないと再発する可能性が高いため、確実に治すには今の環境を改善していく必要があります。
しかし、どうしても環境を変えられない場合があります。
例えば仕事で必ず肘を使って動作をしなければいけない場合などです。
そういった場合にはできるだけその部分に負担をかけないように工夫することで改善される場合があります。
例えば、サポーターを巻きできるだけ肘に負担をかけないようにしたり、力をできるだけいれないように意識したりするだけでも症状が緩和されることがあります。

スポンサーリンク

また適度に肘を適度にリラックスさせるために軽いストレッチなどをすることも大事です。
今まで緊張状態にあった部分をストレッチでほぐすことで負担を軽減させることができます。
また姿勢も大事になってきます。
極端に肘に負担がかかるような姿勢で長時間いることで更に痛みが悪化してしまうことがあります。
どうしても治らない場合には病院にいき、治療を受けることで治っていく場合があります。
また適切な部分をマッサージすることで筋肉がほぐれて徐々に痛みがなくなっていく場合もありますが間違った部分をマッサージしてしまうと逆効果になってしまう場合があります。
痛みの原因を突き止めることが一番の解決策になります。
なにが負担をかけてしまっているのなどを自分なりに分析することが大事です。
そうすることで自然に解決策が分かってきます。
それを継続することで痛みの緩和、完治に繋がります。

スポンサーリンク